« 2007年07月08日 | Top2007年07月10日 »

最新記事【2007年07月09日】

名古屋市バスの乗り方は、ほとんどの路線で前乗り後降り 先払い方式
を採用しています。

ただし、基幹2系統やゆとりーとライン志段味線では、後乗り前降り
後払い方式を採用しています。これは、ゆとりーとラインの高架区間
が他区間料金制となっているためだと思います。

名古屋市バス
の運賃料金は、前述したように普通券は大人が200円、
小児が100円の均一運賃となっています。

バスの乗車方式は、その街によって違うので、旅行などではじめて訪
れるところでは、前乗りか後ろ乗りかで迷う時もありますよね。

例えば、均一運賃を採用している京都市バスや大阪市バスの路線などは、
後乗り前降り 後払いですし、名古屋市バスや都営バスなどは、
前乗り先払い方式を採用しています。

バス会社によって違うのはおもしろいですね。

これは、運賃の前払い・後払いや、均一運賃を採用しているかそうで
ないかとも無関係ではないと思います。

均一運賃であれば、前からのって後ろから降りても問題ないですが、
乗車距離によって運賃が変わる場合は、後ろ乗り前降り 後払い方式
が普通です。

現在は後払い方式を採用しているや京都市バスや大阪市バスも当初は
ワンマンバスなどで先払い方式を採用していましたが,他区間料金制
の路線を開設したりする際に後払い方式にしたようです。

まあ、いずれにしても全国的には、複数の乗車方式が存在しており、
各バス事業者にゆだねられてると言えます。

名古屋市バス
の乗り方は、一般的ですが、地方によってはもっと変わ
った乗り方に出会うかもしれませんよ。

名古屋の観光名所と言えば、「名古屋城」ですよね。その名古屋城への交通アクセスについてご紹介します。

名古屋駅からだと、名古屋市営地下鉄名城線に乗車して市役所駅で下車する方法と、名古屋市の路線バスを利用する方法があります。

おすすめは、市バス「なごや城ループバス」に乗車し「名古屋城正門」バス停下車 です。

名古屋城正門まで、乗り換えなしで行けますし、市バスを降りると、
目の前が名古屋城なので便利だと思います。

ちなみに、名古屋市バスの乗り場ですが、名古屋駅前に松坂屋があります。

そこの2Fに、「名古屋市バスターミナル」があるので、6番乗り場から乗車してください。運賃は大人が200円で、小児が100円です。なを、バスの発着時間については、名古屋市バスのホームページに掲載してある時刻表をご覧下さい。

名古屋城だけでは、もったいないので「徳川美術館」や「能楽堂」にも行かれてみてはいかがでしょうか?

その際は、名古屋市 市バス・地下鉄全線一日乗車券 (大人850円・小児430円)を利用すると「名古屋城」や「徳川美術館」も入場料が割引になりますし、終日乗り放題ですから、いろんな観光スポットに行けて便利だと思います。

名古屋ガイドウェイバス(なごやガイドウェイバス)は、ご存知でしょうか?

愛知県名古屋市北東部の東区・守山区の高架上を走っているバスで、日本ではとてもめずらしいですよね。

モノレールとはちょっと違いますが、道路より高い所を運行しているのでぱっと見は似てますよね。

ある意味電車っぽいと思います。

名古屋ガイドウェイバスの運営を行っているのは主に、名古屋鉄道や、ジェイアール東海バスなどが出資する第三セクターの会社ですね。

また、このバスの路線の愛称は「ゆとりーとライン」です。


気持ちにゆとりを持ってということなんでしょうか?

ガイドウェイバスは、なじみがないと思いますが、システム的には、バスに案内輪が付いていて専用軌道区間と一般道路区間を相互に直通するデュアルモードの新交通システムのことなんです。

正直、なんのこっちゃだと思いますが、百聞は一見にしかずといいますから、名古屋に行ったらぜひご覧になるか、もしくはご乗車してみてください。

専用軌道区間は、ガイドウェイバス志段味線で、ナゴヤドーム前矢田駅などの停車します。

昼間の時間帯は約10分間隔でどんどんでてるので、ナゴヤドームに野球観戦に行く時などご利用になるといいと思います。

名古屋市バス 料金

名古屋市バス の料金や運賃、時刻表などの情報を提供しています。名古屋市交通局が運営する名古屋市バスに関する情報もお届けします。名古屋にお越しの際は、名古屋市バスをぜひご利用下さい。